よくあるご質問 Q&A

塗り替えは本当に必要ですか?

お家を「長持ち」させるために必要です。

  • 私たちが思うほど以上にお住いはダメージを受けています。お家の劣化から守ってくれているものは、1㎜の厚さも無い外壁塗料の「塗膜」です。その塗膜は毎日、雨・風・紫外線に耐えているため、疲れ切っています。外壁も人と同じように、定期的なメンテナンスを心がけてください。

​→外壁塗装を放っておくと危険!?外壁塗装の必要性とは

なぜ水洗いをするのですか?

水洗いをしないと、塗装の剥がれや浮きの原因になるからです。

  • 塗装する場合、必ず外壁や屋根の汚れやコケをキレイに洗い流してから塗料を塗ります。

  • しっかりと汚れを取ってから塗装しないと直ぐに剥がれてしまい、長持ちしません。

壁にひびが入っていて、塗装で直るのか不安なのですが……

クラック補修をしてから塗装するので問題ありません。

  • 細かいひび割れ補修の下地材料としてフィラー(シーラー)があります。フィラーは躯体の細かいひび割れを埋めたり、表面を平滑にします。また、ひび割れが大きい時はシリコン剤などによる補修もいたします。
  • 外壁塗装によるクラックの補修は無料サービスで行っております。

外壁塗装のひび割れを放置すると危険!?補修方法とその原因を解説

塗装工事に関する保証はしてくれるのですか?

使用する塗料によって保証は変わりますが、最長で10年の保証をさせていただきます。

期待耐久年数があまりにも低い塗料は保証できませんが、弊社は基本的に外壁10年、屋根3年、付帯部3年の保証となります。塗装以外のリフォーム工事に関しましても保証がありますので、下記を参考にしてください。

安心の保証制度

デザインにこだわった塗装がしたいのですが、相談できますか?

はい。ぜひご相談ください。

お客さまのご要望に沿って、できる限り最適なご提案をさせていただきます。また、一般的な単色塗装に限らず、ツートン塗装、多彩模様塗装クリヤー塗装などの特殊塗装も施工可能です。豊富な種類の塗料がありますので、お客さまとご一緒に考えさせていただきます。

SKホームやまとの塗装プランはこちら

工事中は出かけられますか?

在宅されていなくても問題ありません。

  • 緊急の連絡先を教えていただければ工事期間中のご旅行も可能です過去に、工事期間中アメリカへご旅行に行かれていたお客様もいます。

工事中に必要なことはありますか?

敷地内の空いているスペースを貸していただきます。

  • 工事中は基本、自動車でお伺いたしますので、駐車スペースがある場合は使用させていただくと助かります。
  • 高圧洗浄で外の水道水を使用しますので、その際はご提供をお願いいたします。
  • 敷地内の空いているスペースを貸していただきます。
    なお、使い終わった材料や工具はその都度持ち帰ります。※場合によっては工事期間中、材料を置かせていただきます。

塗装工事中に近隣の車などに塗料が飛び散ったりしませんか?

ご近隣の車、花壇などにシートをかけますのでご安心ください。

  • 塗装する建物のすぐ隣が駐車場やお客様の車が ある場合、まず車自体のビニール養生を致します。
  • 車の出し入れの際は職人が養生シートの取り外しを致しますので 車の使用も可能です。
  • 移動が可能な場合は移動をお願い致します。

工事は何日くらいかかりますか

30坪の住宅で10日〜14日間ほどかかります。

  • 外壁と屋根両方を塗装する場合と、どちらか一方のみを塗装する場合で期間が異なりますが、外壁と屋根両方の塗装工事で、10日〜14日間ほどかかります。

保険料が上がることはありませんか?

上がることはありません

火災保険は車両保険のように「等級制度」というものはありませんので、掛け金(支払い金額)が上がることはありません。何度申請を行っても保険料が上がることはありません。

火災保険について

どこの保険会社でも申請できますか?

一般的な保険会社や共済保険であれば申請できます

よくある一般的な保険会社などの火災保険であれば問題なく保険の申請ができます。しかし、お客様の契約内容によって稀に申請が行えない場合がありますので、詳しくはお問合せください。

火災保険の認定額が少なくなることはありますか?

低くなることはあります

申請をおこなう保険会社の査定方法は様々ですので火災保険の認定額が申請額より低くなることはあります。低くなった場合は、修繕工事をどこまで行うかを再度ご相談承ります。

火災保険の申請は全てお任せできますか?

申請は基本的にお客様でなければいけません

ご加盟の火災保険の申請は基本的に『ご自身(お客様)』による申請でないといけません。火災保険の申請方法と申請に必要な調査、お見積り作成、並びにアドバイスとサポートを行います。火災保険適用工事

※ネットやチラシにある『申請は○○社に全てお任せください』という会社は違反していますのでご注意ください。

火災保険の申請がおりないことはあるの?

申請がおりないことはあります

火災保険による申請がおりないことも稀にあります。その際の工事費用はお客様ご自身の負担となりますが、無理に工事を勧めることはしませんのでご安心ください。

申請した場所とは違う所を保険料で工事できますか

基本的にできません

保険料は原則、被災箇所の修繕に使うものです。ただし、同時作業で進められる工事があれば承ることも可能です。

既に工事をしてしまった後は申請できませんか?

工事が2年以内であれば申請可能です

2年以内におこなった工事であれば、保険申請が可能です。

ただし、次の3つの書類が必要となります。

①工事前の被災箇所の写真

②工事後の被災箇所の写真

③工事の見積書・領収書

保険申請ができない場合はどんなときですか?

下記のような場合です

  • 損害箇所が確認できない場合

  • 経年劣化によるものである場合

調査依頼に必要なものはなんですか

下記の3つです

  1. 調査依頼書にご署名とご捺印をお願いいたします。
  2. 保険証券(表裏両面)のコピーをご用意ください。
  3. 可能でしたら、お住まいの施工図面をご用意ください。

塗装とカバー工法迷っています。どちらがいいですか?

今後のメンテナンス期間、ご予算にてご検討ください。

カバー工法は葺き替えよりは低予算で施工できますが、塗装工事と比較すると倍以上の金額です。

今のお住まいに今後10年以上住むとすれば、屋根の塗装は今回と次回で2回は必要となります。

カバー工法用の屋根材は割れることが無く、メンテナンスもほとんど必要ありませんので、ご自宅の築年数や将来像を考えて検討してみてください。カバー工法について

葺替えとカバー工法の違いは?

既存屋根を残すか残さない工事かです。

葺替え:既存の屋根材をすべて剥がしてから新しく下地(野地板)を施工します。その上にルーフィング(防水シート)を敷き、新規の屋根材を貼る工事になります。

カバー工法:棟板金、貫、雪止以外の既存屋根材は撤去せず、既存屋根の上からルーフィングを敷いて新規の屋根材を貼る工事になります。カバー工法は屋根材の撤去費用が必要ないため、お値段的にお安くなります。

太陽光パネルがついていても施工できますか?

太陽光パネルの種類によってはできます。

今現在設置されている太陽光パネルを脱着し、カバー工法工事完了後、新規取付工事をいたします。

現場の様子を確認するため、現場調査が必須となります。

とりあえず見積もりだけお願いしたいのですが……。

はい、承ります。お見積もりは無料です。

  • 他業者との見積もり合わせで比較検討していただくためだけでも結構です。お気軽に申し付けください。なお、お見積もり後のしつこい営業や勧誘などは絶対に行いません。お問合せ→

お問い合わせフォームから問い合わせたけど返事がこない

メールの設定をご確認ください。または、お電話ください。

  • お客様のパソコン環境により弊社からのメールが弾かれた、または迷惑メールに届いている場合がございますので、迷惑メールの設定をご確認ください。
  • また、LINEにてご連絡いただくこともできます。LINEでお問合せ→

塗り替えに適した季節はありますか

基本的に一年中、塗装可能です。

  • 現在の塗料は質がよく、一年中塗装可能です。ただし、強風、雨、氷点下、高湿度の条件下では施工できませんのでご注意ください。塗料について

工事完了後に気になるところが見つかったらどうすれば良いですか

遠慮なくお申し付けください。

  • 工事完了後はしっかりと検査していますが、不備などがありましたら遠慮なくお申し付けください。早急に対応させていただきます。

お見積り・現地調査・お問合せ無料

【受付時間】9:00~18:00
【定休日】日曜・祝日  
メール・LINE問合せは24時間

友だち追加

お気軽にお問合せください

0120-032-363