【新型コロナウイルス対策】
塗装・リフォームをご検討中の方へ

SKホームやまとのコロナ対策

 こんにちは。神奈川県大和市を中心に、神奈川県全域で外壁塗装・屋根塗装・リフォーム工事をおこなっている、SKホームやまとです。

4月7日に始まった緊急事態宣言が、5月27日をもって全面解除となりました。

 多くの制限、自粛を強いられた1ヶ月半ではありましたが、現在は感染拡大の落ち着きもあり緊急事態宣言の解除によって、私たちの生活も少しずつではありますが、元に戻ろうと動き始めたように思います。

 しかし、未だに国内での感染者数がゼロになることはなく、今後の新たな第二波、第三波に備えなくてはいけない状況は続いています。

 当社SKホームやまとでは、緊急事態宣言解除後もお客様、ご近隣の方々、そしてスタッフ、職人、すべての関係者に配慮し、引き続き新型コロナウィルス対策を徹底いたします。お客様に安心して工事のご依頼・ご相談をいただくためSKホームやまとが実施している新型コロナウィルス対策についてご案内させていただきます。

対策① 飛沫感染を防止するマスク着用

主な感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫からウィルスを吸い込む飛沫感染です。

新型コロナウィルスでは無症状病原体保有者が一定数いることも報告されていますので、発熱がないから自分は大丈夫、肺炎の症状がないから安全と思わずに、「自分もそうかもしれない」という意識を持ってマスクの着用を徹底し、周囲の安全を守ります。

対策② こまめな手の消毒

自分が感染しないことと、他人にうつさないためにも「手洗い」「うがい」をこまめに行います。

スタッフ、職人にはマスクの着用以外にもこまめな手洗い、またはアルコール消毒剤を用いた手消毒、うがいを励行することで安全管理を徹底しております。

対策③ 体調管理の徹底

37度以上の熱があるスタッフ、職人は、お客様宅・現場へのご訪問をご遠慮いたします。

発熱といった症状が突然見られた場合については、周囲の安全に配慮し、現場での作業等を自粛させていただきます。

 また味覚障害や嗅覚障害など新型コロナウィルス感染症の初期症状等による症状が見られる場合も、同様に活動を自粛させていただきます。

対策④ ソーシャルディスタンスを配慮

ソーシャルディスタンスとは「濃厚接触を避けるための人と人との間に取る物理的な距離」といいます。約2m、お客様とのコミュニケーション、職人とのコミュニケーション、または現場作業においては必要な場合を除きソーシャルディスタンス徹底いたします。

対策⑤ 必要意外に人と接触しない

建築現場はクラスターの発生確率が低いとはいえ、外出・他人との接触は感染を広げてしまう一因になってしまう可能性があります。感染拡大を防ぐために、現場では必要に車から出ず、自粛します。

【こんな時期だから、お住まいの健康も見直そう】

在宅勤務や自粛制限により、普段よりお家にいる機会が増えてきていると思います。

そんな時に一度、ご自宅を詳しく見てみてください。

お住まいの外壁や屋根・シーリング・防水層に、ヒビ割れや白い粉、

コケなどが発生し、様々な劣化現象が現れていないですか?

人間が今回のコロナウイルスを予防するように、

建物にも、雨漏りや破損など、「不具合が起こる前」に

予防としてメンテナンスをしていきましょう。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-032-363