屋根カバー工法施工事例

戸建て住宅の屋根には一般的にカラーベスト(コロニアル)が使われています。通常の屋根でしたら塗装が可能ですが、塗装が不可能な屋根材や劣化が進んでいる屋根は、葺き替えまたは『カバー工法』という工事が有効になります。

屋根は外壁よりも紫外線や風雨の影響を受けやすく、劣化の進行が速いです。そのため、長期的に考えるとカバー工法の方が経済的に良い場合もあります。

さらに、ガルバリウム鋼板(金属製の瓦)を葺くだけで十分な機能を期待できますが、既存の屋根材の上から被せているため、カバー工法の屋根は通常の屋根材よりも断熱と防水に優れる機能が期待できます。

ご自宅の築年数や将来像を考えて、カバー工法を是非ご検討してみてください。

ここでは、当社のカバー工法による施工事例をご紹介いたします。

 

横浜市西区東久保町Y様邸

Y様は父の代からのお客様、10年ほど前の当時は外壁のみを塗り替えさせていただきました。

今回は、台風被害が出てしまう恐れのある瓦屋根から軽い板金屋根への変更したいとのご依頼でした。

瓦屋根は一枚一枚が重いため、強風で飛ばされてしまったら非常に危険です。また、屋根を軽くすることにより地震の揺れにも強くなるといったメリットもあります。

これで、今後台風がきても安心ですね^_^

相模原市中央区淵野辺O様邸

画像は施工前の写真です。全体的に汚れが目立ち、経年による劣化が多々見受けられました。

オーナー様の希望もあり、塗装よりも高耐久なカバー工法での施工をさせていただいました。

既存屋根の上に防水アスファルトルーフィングというものを敷き詰めます。

これを敷き詰めることで雨漏りのリスクを低減し、防水機能をさらに向上させる効果があります。

最後に耐久性の優れる屋根材、ガルバリウム鋼板を下から順に張り合わせて完了です。仕上げ材のタフワイドは、極めて錆に強く劣化のしにくいものです。

横浜市保土ヶ谷区月見台F様邸

F様邸は2019年の大型台風により屋根の一部が破損してしまい、ご依頼をいただきました。横浜市は土地の高低差が激しく、建物が高台に位置していたためこのような被害が起きたと考えられます。

また、築年数が20年以上ということもあり、経年により屋根棟板金の下地木材がだいぶ腐食していました。新たに下地を打付け、屋根全体にルーフィングを敷き詰めていきます。

寄棟屋根の場合、板金材料を加工する作業が切妻屋根よりも多くなるので手間が増えます。

時間がかかりましたが、何とか完成しました。もうこれで台風に飛ばされる心配はありません!

横浜市保土ヶ谷区月見台Z様邸

Z様も台風で屋根の一部が飛んでしまったことがきっかけでご依頼をいただきました。全体を調査してみると、あまりにもスレートの縁がボロボロになっており、何やら屋根の様子がおかしい。図面を見せてもらうと、屋根仕様にはパミール材が使われていました。この場合は屋根全体のリフォームが必要ですので、カバー工法をお選びいただきました。

 

棟板金の下地もかなり劣化していましたので新しくしました。ルーフィング施工の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、しっかりと敷いてあります。

ガルバリウム鋼板を順に敷き詰め、最後に棟板金を取付けて完成です。

それにしても、眺めの良い現場でした。写真中央に見える一番高いビルはランドマークタワーです。

屋根のカバー工法を施工する条件は、既存の屋根材がしっかりしている状態であることです。

ひどく劣化していたり、パミール屋根の状態が悪すぎる場合には施工が出来ません。

そのような場合は「カバー工法」ではなく「葺き替え」となります。

葺き替えは既存屋根の撤去処分と、新たに野地板下地からの施工となります。

カバー工法とは違って費用の負担も大きくなります。できる限りカバー工法での施工をお勧めいたしますが、どちらを選択するか迷っている方は、一度ご相談いただければと思います。

お見積り・現地調査・お問合せ無料

【受付時間】9:00~18:00
【定休日】日曜・祝日  
メール・LINE問合せは24時間

友だち追加

お気軽にお問合せください

0120-032-363

住まいの塗装&リフォーム
(株)SKホームやまと